いつでも微笑みを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れのサッカー選手(※自己満記事)

※今日の記事はかなりのオナニー記事なんで、サッカーにあまり興味がない人にとってはつまらな過ぎると思います※





クラブW杯見てたらサッカーやりたくなっちゃいました(^^;笑

サッカーネタを書かないと気が済まないので、今日は憧れの選手について書きたいと思います。

俺の好きな選手。それは、Pablo Aimar(パブロ アイマール)です。

*簡単なプロフィール*
■名前
Pablo Aimar
■国籍
アルゼンチン
■代表デビュー
1999年(たぶん
■ポジション
MF(OH)
■所属
1996-2000
…リバープレート(アルゼンチン)
2000-2005
…バレンシア(スペイン)
2006-****
レアル・サラゴサ(スペイン)

Pablo Aimar、俺の中では最高の選手ですね。以下、どれほど彼が素晴らしいのかを堅苦しい文章で(笑)書いていきます。ブログ史上初かも!?

******************

“エンターテイナー”彼を一言で表すとしたらこの言葉が一番しっくりくる。確かな技術に裏打ちされた創造性あふれるプレーは常に観客を魅了する。
また、彼から繰り出されるパスは観客に鳥肌をたたせ、巧みなボールタッチを最大限に生かしたドリブルは同じアルゼンチンのオルテガにも匹敵するほどにスピーディーでありイマジネーションが凝縮されている。

リバープレートのユースからトップに昇格し、チームの中心として大活躍。その活躍に目を付けたのがスペインのバレンシアで、彼は当時バレンシア史上最高額となる移籍金で移籍をした。2シーズン目には早くもチームの中心となり、数十年ぶりのリーグ優勝に導いた。

これらの活躍で彼の名は一躍世界中に広まり、“マラドーナの再来”とも呼ばれ、マラドーナ本人も天才だと認めた。

******************

どうですか?素晴らしいですよね^^社会人サッカー時代は、彼のバレンシアでの背番号21を付けてもらえるよう頼み込んだこともあるくらい憧れです(´∀`)

ただ、彼にも弱点はあるんです^^; それは、体が華奢なこと。俺の記憶が正しければ、身長が170前後で、体重は60kg台だったような。それゆえ故障が多いんです(´・ω・`)モッタイナイ

こんなにアイマールに憧れているのに、最近の状況を全く知らないんです。まぁ、浪人だししょうがないですね。

受験が終わったら、実家にある自作のアイマール出場試合DVDを全て見ようかと思ってます(´∀`)



最後まで俺のオナニー記事に付き合ってくれた皆さん、ありがとうございましたm(__)mそれでは☆
スポンサーサイト
  1. 2007/12/14(金) 00:32:09|
  2. 自己満
  3. | コメント:0

Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-

20070916175513
20070910134711
20070910134705
完全な自己満記事なんで、見たくない人、ネタバレを見たくない人はすぐに「3」の上のボタンを2度押ししてください(笑)







それでは、早速セットリストと各曲の内容とか感想からいきまぁす!!


01.彩り
やはり最初はこれからきました!ハーモニカVer.。今回みたいに静かな感じで始まる方が好きです♪
日常の、ちょっとしたことが自分の知らないところで実は色んな人と繋がっている。Mr.Childrenは特にそうですよね!彼らが歌うことで多くの人に繋がりを与えてる。

02.名もなき歌
言わずとも知れた名曲ですね♪2曲目にして「何?この神的選曲は」と思った!3曲目にも期待がかかる。

03.星になれたら
キター(゚∀゚)!!もうね、大好き!しかも桜井さんが目の前に!!
「何かに躓いたときは 空に手をかざしてみよう この風はきっとどこかで つながってるから」
この部分聴くと元気が出ます♪

04.シーソーゲーム
いつやってくれるのかなといつも思ってたんですが、15周年でついにきましたよ!大サビ前に花火のオマケ付き!バカかと思うくらいはしゃいでた(笑 桜井さんがジャンプを促したので、常にピョンピョンと跳ねてました(笑

~MC~
一字一句覚えているわけではないけど、イメージ的には
「15周年ってことで、僕ら(Mr.Children)にとってのHOMEっていったいなんだろう?って考えてみたんです。そして、それは僕らを育ててくれた音楽、曲が僕らのHOMEなんだと思ったんです。だから、シーソーゲームとかも10年以上ぶりにやってみたり(笑」
みたいなことを言ってました(^^)そしてMCもおわり…

05.CROSS ROAD
会場全体が暗くなり、誰もが聞いたことがあるであろう前奏が…。これまたキター(゚∀゚)!!ここまでの選曲が神すぎる!
この曲は凄い思い入れのある曲なんですよ。聴いてたら何だか色んな思い出が呼び起こされて、ついにここで涙腺がゆるみました。えぇ、泣きました(´;ω;`)
「遠く思い焦がれて張り裂けそうな夜も この手に受けとめる 束の間の悲しみはやがて輝く未来へと」の部分とか「遠い記憶のなかに 君の姿探しても もう戻らないでも忘れない 愛しい微笑み」の部分(順番逆かな?)は最高すぎます。

06.Tomorrow never knows
桜井さんが歌いだすまで何の曲か解らなかった。またまた神曲がきちゃいましたよ!俺ですか?もちろん泣きましたよ(´;ω;`)改めてこの曲の偉大さがわかりました。CROSS ROADとTomorrow never knowsという、多くの人がMr.Chlldrenというアーティストの存在を知り酔い痴れた曲と最大のヒット曲の組み合わせは最高でした!

07.my life
もう惚れ死ぬ!やばい。桜井さんが「いいことがずっと続くわけじゃない。逆に言えば、ここ3日とか1週間とか2年とかよくないことがずっと続いてる人は絶対にいいことが起こるから、一緒に歌ってみてください」みたいなことを言ってて、凄い元気が出た。もちろん歌いました。

08.ひびき
いいっす!聴いたことないない人は聴いてみてください!曲調と正反対に、歌詞は凄い力強い曲だと俺は思います。

09.もっと
この曲も涙が出そうでした。桜井さんの歌い方と歌詞と会場の雰囲気がすごいマッチしてましたね♪そして、スクリーンに映し出された映像(ロボットが、飛べなくなった鳥のネジを回してあげて、鳥は命を吹き返したかのように飛び回る)に感動しました。

10.HERO
ただでさえ前の曲で涙が出そうになってるのに、このタイミングでこれは反則だ(´;ω;`)
「ずっとヒーローでありたい ただ一人 君にとっての」…反則です(´;ω;`)中高の頃を思い出しまくりです。
この曲を歌っているときの桜井さんの表情には感情が凄いこもっていて、それを見ているだけでも泣けました。

11.Imagine(ジョン・レノンのカバー)
これはカバー曲だったけど個人的に好きな曲でもあって、まさか今回聴けるとは思っていなかったんでホント感動しました。

12.CENTER OF UNIVERS
もうね、ピョンピョン跳ねまくりです(笑)

13.Dance Dance Dance
この時点でかなり広い時代の曲を聴いてきた。この15年が凝縮されたライブだなぁと思いながら手振って聴いてました^^この曲でも花火が!!

14.フェイク 15.Any
この二曲の流れが凄い。まったく違う時期に発売されたものが、こんなふうに繋がるとはまったく気付かなかった。こういう部分が、やっぱMr.Childrenの凄さなのかなぁと思いながら聴いていました。
フ「全てはフェイク」

A「その全て真実」
つまり、世の中にはフェイクが溢れているけれど、それら全てが実のところは真実なんだ、と。
そして俺はというと、もちろんAnyで泣きましたよ。バラードVer.の演出は神です。「きっと答えは一つじゃない」躓いたときにいったい何度この言葉に救われただろうか。

16.口笛
きました、口笛!これも好きな曲。ステージのメンバーへ観客67000人から贈る歌として歌った。もちろん手を繋いで歌いました。聴いてるときの桜井さんたちはホントに嬉しそうでした☆

17.Sign
この曲は前の贈り物へのお返しという形で歌われました。凄い良かった。またまた色んなことを思い出して泣いてしまった(´;ω;`)

18.ポケットカスタネット
アルバム『HOME』の中でもかなり好きな曲。前の曲からの涙が止まりません。てか泣きすぎですね。でも、俺の隣の子のほうがもっと泣いてました。それにつられて泣いちゃうこともしばしば(^^;
この曲はCDより生で聴くほうが更に感動すると思う。よくこれだけの少ない言葉でこれほどまでに壮大な曲を作れるよなぁ(-ω-)やっぱりすごいわ。

19.Worlds end
この曲が歌われてる最中に、ステージ上ではニューステロップみたいなものが流れ、スクリーンでは色んな言葉が映し出されていました。胸に突き刺さるような言葉がいっぱいあった。それらと曲の歌詞が…(´;ω;`)色んなことを考えさせられました。

20.終わりなき旅
スクリーンには色々な写真が映し出され、一つ一つがメッセージを持っているように感じられた。
この曲はこれからもずっと俺に元気を与えてくれる曲だと思います。

21.しるし
曲のラストで我慢していたものが全て出てしまった(´;ω;`)もうね、言葉はありません。

●アンコール●
22.Wake me up !
めっちゃテンションが上がるような曲ではないはずなのに、なぜかテンション上がりっぱなしでした(笑)

23.innocent world
間を入れずに始まり、俺のテンションは上がる上がるっ(笑)明らかテンションおかしいです(笑

24.旅立ちの唄
映画「恋空」の主題歌なんです!発売は10月末らしい♪
覚えてる部分をちょっとだけ。
「ほら 僕の体中 笑顔の君がいるから 君の見えないところで 背中を押しているから」
ほかの部分はあまり覚えてないけど、なぜかこの部分だけは印象に残ってるんです。凄くい曲だと思います(^^)
この曲聴きながら思い出したんだけど、5年前のPOPでは「優しい歌」が披露されたんですよね。



………………

これで全曲終了。ステージ上のメンバーが前へ出て、みんなで手を繋いでお辞儀をする。サポメンたちがステージからはけると、メンバーがステージの端から端まで走り、真ん中に戻ってスタンド席を呼ぶ。アリーナを呼んでくれないのでアリーナからはブーイングが(笑)そして、桜井さんが「わかってるって(笑)」と言ってアリーナを呼んだ。鳴り止まない拍手、凄かった!

ライブの内容はこんな感じです。文才なくてすみません(^^;

アリーナAブロックは……兎にも角にも、最高でした!跳ねまくりですよ!テンションおかしいし(笑


このライブを通して感じたのは、ゼウスくんと被っちゃうけど「やっぱり俺はMr.Childrenが大好きなんだなぁ」ってコト。まだ十数年の人生しか経験してないけど、色んな出来事においてミスチルの曲がかかわってるなぁと感じました。思い出のある曲が多すぎて、かなり泣いちゃいました(^^;おそらく過去最高かと(笑)男で俺以上に泣いてる人もいっぱいいましたよ。Mr.Children、最高です!感動をありがとう!



いやぁ~書いた書いた!てかここまで呼んでくれた人いるのかな?笑
自己満記事に付き合っていただき、ありがとうございましたm(__)m

今日は授業が1限のみだったんで、早く帰ってきました(^^; これから残った疲れをとるために少し仮眠をとって、勉強再開します!昨日のライブのお陰で元気出た!最後まで突っ走れそうです(^^)

  1. 2007/09/10(月) 13:03:57|
  2. 自己満
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。