いつでも微笑みを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷いはない

一橋に絶対に行きます。もう迷いません。
日曜日、東大の先輩(ちょっとしたつてで知り合った)に色々と話を聞いてもらって迷いがなくなりました。
絶対受かったる。


でも、最近胃が痛いです(-ω-;)

追記にて今年の一橋大学の世界史の解答を晒してみたんで見たい人はどうぞ~
“恥”としか言い様のない解答ですが(笑


一橋大学2007年 世界史
※問題文は省略した個所あり

恥を覚悟で晒してみます(笑)ただ、2007年のは春に1回やってるんでいつもよりはできてると思います。思うだけですが(^^;



【1】
フランク王国の分裂と東側の王国の成立と発展の過程を、分裂に関わる二つの締結から神聖ローマ帝国の初代皇帝となる国王のの選出にいたるまでの期間について記しなさい。その際、二つの条約と以下の語句をかならず使用し、その条約名と語句に下線を引きなさい。語句を用いる順序は自由である。(400字以内)

マジャール人 ロートリンゲン ザクセン朝 ハインリヒ1世

→プーの解答

フランク王国は9世紀中頃のヴェルダン条約とメルセン条約により東西フランク王国とイタリアに分裂した。イタリアでは、9世紀にカロリング朝が断絶し、その後東フランク王国などの介入により国内では混乱状態が続いた。西フランク王国では、10世紀にカロリング朝が断絶すると、国内諸侯の推薦によりユーグ=カペーがカペー朝を開いたが、王権が弱体な国家のままであった。東フランク王国ではカロリング朝の断絶後、ハインリヒ1世がザクセン朝を開いたが、手に入れたロートリンゲン地方はその後ドイツとフランスによる獲得争いの地となった。子のオットー1世は東フランク王国を圧迫していたマジャール人をレヒフェルトの戦いで撃退した。また、イタリアにも遠征して教皇を助けると、962年、教皇ヨハネス12世から神聖ローマ皇帝位を授けられ、これにより神聖ローマ帝国が成立した。(371字)

【2】
ルイ16世の即位からフランス革命勃発に至るまでの期間を取り上げ、その間、どういった問題が生じたかを説明した上で、政府はそれに対処するためにどのような改革を行おうとしたのか、そして、そうした改革はなぜ挫折したのかを述べなさい。(400字以内)

→プーの解答
フランス革命前の社会制度はアンシャン=レジームと呼ばれ、国民は第一身分、第二身分、第三身分に分けられていた。第一身分には免税の特権が与えられていたのに対し、第三身分に属するほとんどの人が生活難に直面しており、第三身分のなかの富裕者層であるブルジョア階級からの、政治的発言権を求める動きが強まっていた。そんな中、18世紀後半にルイ16世がルイ14世時代からの財政難をかかえて即位すると、英仏通商条約によるイギリス製品の流入などにより国家財政はさらに悪化した。ルイ16世は財政総監にテュルゴーやネッケルを登用して財政の 建て直しを試みるが、第一身分の特権を廃止する方針は貴族の反発を呼び起こして挫折してしまう。そして、カフェの流行などによる世論形成にともない革命の気運が高まると、王権に対する貴族の反乱を皮きりにフランス革命が勃発した。(360字)

【3】
問1:空欄[A]に当てはまる語句を記し、次に、その鎮圧に曾国藩・李鴻章・左宗〇(←変換できない)がどのような役割を果たしたのか、具体的に述べなさい。(問題番号の記入を含め、100字以内)

問2:空欄[B]に当てはまる語句を記し、次に、こうした一連の改革を推進した人たちのとった基本的な立場・主張がどのようなものであったか、述べなさい。(問題番号の記入を含め、100字以内)

問3:1870~80年代における清朝の対外関係を、対ロシア、対フランスの場合について、具体的に述べなさい。(問題番号の記入を含め、100字以内)

→プーの解答
1.太平天国の乱。湘軍を率いる曾国藩と淮軍を率いる李鴻章は、太平天国の乱の際、清朝に味方してこれを平定した。このとき彼らは八旗の整備による軍隊の近代化や近代工業の育成に貢献した。(89字)

2.洋務運動。洋務運動推進者らは「中体西用」のスローガンをかかげたが、これは従来の中国の社会体制や学問はそのまま使い、西洋の進んだ技術は積極的に取り入れようとするものであった。(88字)

3.1870~80年代は帝国主義の活発期で、列強国は海外進出に乗り出していた。対ロシアにおいては列強国の介入により南下政策に失敗したロシアが東アジアへの進出をもくろみ、清とロシアの関係が悪化した。対フランスにおいては、清はヴェトナムを保護国化したフランスに対してヴェトナムの宗主権を主張して戦争まで発展したが、清は敗れ、結局はヴェトナム独立を承認することとなった。(180字)


これでもひどい解答ですよね、特に【3】とか(´∀`;)まともに文章もかけないなんで(´ω`)今日の世界史の授業前に先生に渡して添削してもらう予定です。

スポンサーサイト
  1. 2007/10/04(木) 01:42:08|
  2. 勉強
  3. | コメント:0
<<幸せの黄色い封筒 | ホーム | 一橋大学への数学 第一回 第二回>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。